国産「黒にんにく」とは?

無添加熟成処理

黒にんにくは、普通の白にんにくを一定期間熟成させたものです。

黒にんにくは、普通の白にんにくを一定期間熟成させたものです。
通常数週間から1ヶ月程度熟成させることにより、色が真っ黒に変化します。

また、発酵することでとってもおいしいフルーティな味になります。

がんの予防によいとされる食品ランキング

がんの予防によいとされる食品ランキング

米国国立がん研究所での研究調査結果によると、がんの予防によいとされる食品として最上位に「にんいく」が位置づけられています。

また、にんにくをよく食べる人は、そうでない人に比べ、「食道がん」「胃がん」、「大腸がん」になる確立が低い事が数多くの調査で明らかになっています。

がんの予防によいとされる食品ランキング

血液サラサラ ランキング

血液をサラサラにする調査結果では、にんにくの効果はたまねぎの5倍、大根やもやしの10倍以上の効果が認められあらゆる食品のトップでした。
(NHK調べ)

にんにくに含まれるスコルジニンは血圧が高ければ下げ、低ければ上げて血圧を正常値に近づける血圧恒常性作用があります。

黒にんにくの特徴

  1. にんにく特有のにおいが、大きく減る。
    これは熟成により、においの元となるイオウ化合物が減少するため、あのにんにく特有のにおいがほとんど無くなります。ちなみに熟成させることにより、味も生にんにくに比べフルーティーで食べやすくなります。
  2. 抗酸化力が、大きく高まる。
    抗酸化作用は、生にんにくにもありますが、熟成し黒にんにくとなることにより、「S−アリルシステイン」という成分が生成されます。この成分は、水溶性のアミノ酸の一種で、強力な抗酸化作用があります。熟成され黒にんにくになることで、「S−アリルシステイン」による抗酸化力が大きく高まり、動脈硬化の予防や改善、悪玉コレステロールの減少などの作用をもたらします。
    他に赤ワインなどに含まれ同じく抗酸化作用があることで知られる成分の「ポリフェノール」も、黒にんにくとなることで、その含有割合が大きく増加します。
  3. 殺菌・抗菌作用
    「アリシン」の殺菌、抗菌作用は非常に強力で、12万倍に薄めた液でもコレラ菌やチフス菌、赤痢菌などに対抗する抗菌力があります。細菌によるカゼや鼻炎などの予防にも使われます。戦時中には、外用薬としても使用されたほどです。
  4. 疲労回復・滋養強壮作用
    体内で糖質のエネルギー代謝を効率よく行うために不可欠とされているビタミンB1ですが、その一度に吸収される量は限られ、体内での蓄積率が極めて低いとされます。にんにくに含まれる「アリシン」は、ビタミンB1と結合して「アリアチミン」という形に姿を変えますが、これによって元のビタミンB1と全く同じ働きをするだけでなく、より長い間血液中にとどまっていることができるようになります。ビタミンB1の吸収が有効に行われることで、身体の代謝が活発になり、活動エネルギーをつくりだすことから、疲労回復や滋養強壮作用をもたらします。また、にんにくの成分である「スコルジニン」にも、新陳代謝を活発にする作用、強壮・強精作用があります。

こんなお悩みを持つ方におすすめです!

お悩みの方に・・・

また、ガン予防を心がけている方や、普段からの体調管理にももちろん効果的です!

黒にんにくの食べ方 インターネットでのお問い合わせはこちら